富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
固定資産の評価替えとは何ですか?[税金・市税の証明など]
担当課: 資産税課公開日時:2005/09/01
固定資産の評価替えとは何ですか?
固定資産の評価替え制度について
固定資産の評価替えとは、3年ごとに評価額を見直す制度です。
 固定資産税は、固定資産の価格、[適正な価格]を課税標準として課税されるものです。本来は、毎年度評価替えを行い、これによる[適正な価格]をもとに課税を行うことが税負担の公平に資することになりますが、膨大な量の土地や家屋について毎年度見直すことは、事実上不可能であることや課税事務の簡素化を図り、徴税コストを抑える必要もあることから土地と家屋については、原則として3年間評価額を据え置く制度がとられています。

関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ