富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
固定資産税で年の途中で土地や家屋の売買があったときはどうなりますか?[税金・市税の証明など]
担当課: 資産税課公開日時:2005/09/01
固定資産税で年の途中で土地や家屋の売買があったときはどうなりますか?
年度途中で土地、家屋の売買等で所有者が変わった場合の税金の納付について
 固定資産税や都市計画税の納税義務者は、1月1日に固定資産を所有している人が当年度の税金の納税義務者となり、納税通知書が送付されます。

 なお、不動産の売買契約が行われる際に、固定資産税の一部を買主が負担するという契約がなされる場合もあるようですが、それはあくまでその売買契約に基づくもので、固定資産税の課税とは関係ありません。
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ