富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
数年前に新築した家屋の固定資産税が急に高くなったがなぜか?[税金・市税の証明など]
担当課: 資産税課公開日時:2005/09/01
数年前に新築した家屋の固定資産税が急に高くなったがなぜか?
新築住宅の減額適用期間が終了し、本来の税額に戻ったためです。
新築の住宅に対しては、一定の要件にあたるときは、新たに固定資産税が課税されることとなった年度から3年間(長期優良住宅の場合は5年間)税額が2分の1に減額されます。したがって、4年後(長期優良住宅の場合は6年後)に減額適用期間が終了し本来の税額になるためです。また、3階建以上の中高層耐火住宅等については、一定の要件にあたるときは5年間(長期優良住宅の場合は7年間)税額が2分の1に減額されます。
詳しくは、資産税課家屋担当までお問い合わせください。

資産税課家屋担当 電話 0545-55-2744 内線 2384

関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ