富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
年の途中で家屋を取り壊した又は建て替えた場合、固定資産税はどうなりますか?[税金・市税の証明など]
担当課: 資産税課公開日時:2005/09/01
年の途中で家屋を取り壊した又は建て替えた場合、固定資産税はどうなりますか?
年の途中で家屋を取り壊した又は建て替えた場合、固定資産税について
固定資産税の賦課期日は毎年1月1日であり、その時点で存在する家屋の所有者に課税されます。
たとえば、その年の1月2日に取り壊しても税金がかからなくなるのは次年度からとなり、また、その年の1月2日に新築家屋が完成した場合は、その新築家屋の課税は次年度からとなります。

資産税課 0545-55-2744(内線2384)


戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ