富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
住民票と戸籍の違いは何ですか?[市民課諸証明]
担当課: 市民課公開日時:2005/09/01
住民票と戸籍の違いは何ですか?
「住民票」と「戸籍」は、全く別のものです。
(1) 住民票とは?
 住民票とは、「居住関係を証明するもの」と言われています。つまり、市町村が住民について、「住んでいること」を証明するものです。なお、市民に交付する住民票の写しには、「氏名」、「生年月日」、「性別」、「住所」、「住民となった年月日」、「届出日及び従前の住所」等が記載されています。「世帯主の氏名と世帯主との続柄」、「本籍及び筆頭者氏名」、アパート名等の「方書」(※)も要望により記載することができます。

(2) 戸籍とは?
 戸籍とは、「日本国民についての身分関係を登録・公証するもの」と言われています。
 つまり、日本国民についての出生、親子関係(父母の氏名、続柄)、養親子関係、婚姻・離婚、死亡等を記録・証明するものです。また、兄弟姉妹等の親族関係についても証明できます。戸籍には、「本籍」、「筆頭者氏名」、同じ戸籍に記録されている者の「名」、「生年月日」、「父母の氏名」、「出生地」、「婚姻日」等が記録されています。

※方書は、平成24年1月10から、住所の一部とみなすので必ず記載されます。

市民課 55−2747 内線 2233

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ