富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
子宮がん検診はどのように受けられるのか?[健康づくり・医療]
担当課: 健康政策課公開日時:2005/09/01
子宮がん検診はどのように受けられるのか?
子宮がん検診の受診について
 市内のがん検診実施医療機関で子宮がん検診を行っています。対象者は、20〜39歳は年1回、
40歳以上の方は、2年1回の受診となります。

料金  子宮頸部がん:1,400円、子宮頸部がん・体部がん:2,100円

検診内容  問診、視診、子宮分泌物の細胞検査
※40歳以上の有症状者及びハイリスク者に対して体部がん検査
 (子宮内膜細胞診検査)を行う。

持ち物 がん検診等受診券(4月末発送)・身分証明書

実施医療機関 富士市検診ガイド(上記受診券と同封)または下記リンクをご覧ください。


問い合わせ フィランセ 健康政策課  0545-64-8992

関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ