富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
大腸がん検診はどのように受けられるのか?[健康づくり・医療]
担当課: 健康政策課公開日時:2005/09/01
大腸がん検診はどのように受けられるのか?
大腸がん検診の受診について
市内のがん検診実施医療機関で大腸がん検診を行っています。対象者は、市内在住の35歳以上で職場等で受診の機会のない人です。

■検診内容
 便潜血法 2日間の便を専用容器に採り調べます。

■個別検診 5月〜2月
 富士市大腸がん検診実施医療機関で大腸がん検診の容器を受け取り、医療機関へ提出してください。
 料金700円

■集団検診 5月〜11月
 市内のまちづくりセンター等を検診車が巡回していますので、その時に事前に採取した大腸がんの容器を提出します。
 大腸がんの容器は、郵送しますのでご連絡ください。
 料金500円

集団検診の日程、医療機関の一覧については、富士市検診ガイドに掲載しています。または、お問合せください。

問い合わせ 健康政策課 64-8992



関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ