富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
65歳未満でも介護保険のサービスが受けられるのでしょうか?[高齢者福祉・介護保険]
担当課: 介護保険課公開日時:2005/09/01
65歳未満でも介護保険のサービスが受けられるのでしょうか?
65歳未満の方が介護保険のサービスを受ける条件
40歳以上64歳以下の方については、加齢(老齢)にともなう病気で介護が必要な状態になった場合に限り、介護保険の対象者になります。加齢(老齢)にともなう病気として、16種類の特定疾病が指定されています。
サービス利用にあたっては、特定疾病に該当することを主治医に確認後、介護保険課で認定申請を行い、介護認定を受けてください。

<参考;特定疾病>
  1.がん末期(医師が回復の見込みがない状態に至ったと判断したもの)
  2.関節リウマチ
  3.筋萎縮性側索硬化症
  4.後縦靱帯骨化症
  5.骨折を伴う骨粗鬆症
  6.初老期における認知症
  7.進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病
  8.脊髄小脳変性症
  9.脊柱管狭窄症
  10.早老症
  11.多系統萎縮症
  12.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13.脳血管疾患
  14.閉塞性動脈硬化症                 
  15.慢性閉塞性肺疾患 
  16.両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

問い合わせ 介護保険課 電話55−2765 内線2413

参考URL:高齢・介護
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ