富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
介護保険の保険料の納め方について知りたいのですが?[高齢者福祉・介護保険]
担当課: 介護保険課公開日時:2005/09/01
介護保険の保険料の納め方について知りたいのですが?
介護保険の保険料の納め方について
■65歳以上の方(第1号被保険者)
 介護保険料は65歳以上の方、お一人おひとりに納めていただきます。
 保険料の納め方には、年金からの天引き(特別徴収)と、口座振替または納付書による個別
 納付(普通徴収)があります。

 ●年金からの天引き(特別徴収)
  老齢(退職)・障害・遺族年金が年額18万円以上の方が該当します。
  年金支給月にあわせて年6回保険料が徴収されます。
  なお、前年度普通徴収であった方が特別徴収に該当する場合には、
  誕生月により、4・6・8・10月のいずれかの月から年金天引きが開始されることに
  なります。(10月に特別徴収が開始になる方は、9月まで普通徴収での納付となりま
  す。)


 ●口座振替、納付書による金融機関への納付(普通徴収)
  老齢(退職)・障害・遺族年金が年額18万円未満の方・新たに富士市に転入された方・
  65歳に到達した方
  7月から翌年2月までの8回、口座振替または納付書により富士市指定の金融機関に納めて
  いただきます。
  また、年度の途中で65歳になられた方や他の市町村から転入されてきた方などの
  新しく富士市の被保険者になられた方も普通徴収になりますので、
  その月から月割りで保険料を納めていただくことになります。


■40歳以上65歳未満の方(第2号被保険者)
 加入している医療保険(職場の健康保険、国民健康保険)の保険料の一部として一括して納めます。

 ●職場の健康保険に加入している人
  保険料は加入している医療保険のルールで納めていただきます。
  ※保険料の半分は事業主が負担します。

 ●国民健康保険に加入している人
  保険料は所得などに応じて異なり、世帯ごとに世帯主に納めていただきます。
  ※世帯員である妻などの分も世帯主に納めていただくことになります。
  ※保険料の半分は公費で負担します。

参考URL:介護保険課
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ