富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
生活保護って、どの様な場合に受ける(受けられる)のですか?[福祉(児童・保育所・障害者・母子等・生活保護)]
担当課: 生活支援課公開日時:2005/09/01
生活保護って、どの様な場合に受ける(受けられる)のですか?
生活保護について
対象となる人は資産・能力等すべてを活用した上でも、生活に困窮する人を対象としています。個人によって条件等が異なりますので、生活支援課へお問い合わせください。
生活支援課 0545-55-2758(内線2441、2487)

■生活保護は
目的:生活に現に困窮している人に、その困窮の程度に応じ必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障す
   るとともに、その自立を図ることを目的としています。
対象者:対象となる方は資産・能力等すべてを活用した上でも、生活に困窮する人を対象としています。
資産・能力の活用とは具体的には次のような事項です。
 1.働くことのできる人は、仕事に励んでください。
 2.預貯金や生命保険は原則として解約し、生活費にあててください。
 3.土地・建物などの資産で売ったり、貸したりできるものは生活のために利用してください。
 4.他の法律や制度で受けられるものは、その給付を受ける手続をしてください。
 5.親子、兄弟などから援助を受けられる人は、援助を受けてください。
・支給される保護費は国が年齢、世帯構成、住処地、障害の程度などの事情を考えて決めています。その基準額
 と世帯のあらゆる収入を比べてその足りない分を支給します。
・生活保護は世帯単位で実施します。
・保護を受けるには、受けようとする人の申請が必要です。

参考URL:生活支援課のページ
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ