富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
心身に障害のある人でも、NHK受信料を払わなければなりませんか?[福祉(児童・保育所・障害者・母子等・生活保護)]
担当課: 障害福祉課公開日時:2005/09/01
心身に障害のある人でも、NHK受信料を払わなければなりませんか?
障害者世帯のNHK受信料の半額(全額)免除の制度について
障害のある人がいる世帯を対象としたNHK放送受信料の免除制度があります。
申請にあたり福祉事務所長の証明が必要です。
■半額免除対象者:1.世帯主が視覚、聴覚に障害のある方
         2.世帯主が重度(1・2級)の身体障害者
         3.世帯主が重度(A)の知的障害者
         4.世帯主が重度(1級)の精神障害者
    ※世帯主が受信契約者であること
■全額免除対象者:・身体障害者(等級は問わない)
         ・療育手帳A・B
         ・精神保健福祉手帳1・2・3級 
         のいずれかの方を世帯構成員に有し、世帯構成員全員が
         市民税非課税の場合
■受付場所:障害福祉課 電話55−2759(内線2428)
■問合せ先:NHK視聴者コールセンター 電話0570−077−077

免除基準の変更日:平成20年10月1日

障害福祉課 0545-55-2759 内線2428

関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ