富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
危険物取扱者免状の種類と実施できる業務について[消防・防災・防犯・コミュニティ・交通安全]
担当課: 消防本部予防課公開日時:2005/09/01
危険物取扱者免状の種類と実施できる業務について教えてください?
危険物取扱者免状の種類について
危険物取扱者免状は、甲種危険物取扱者免状、乙種危険物取扱者免状及び丙種危険物取扱者免状に区分され、その種類に応じて、取り扱うことができる危険物が定められています。
 危険物取扱者として、取扱作業、無免許者の危険物取り扱いの立会い、危険物保安監督者及び定期点検を行える危険物施設の範囲は、甲種危険物免状取得者は全類を、乙種危険物取扱者免状取得者は,指定された類のみとなります。なお、危険物保安監督者には、危険物施設において6ヶ月以上の実務経験が必要です。
 また、丙種危険物免状取得者は、取扱作業ができる危険物は、ガソリン、灯油、軽油、第三石油類(重油、潤滑油及び引火点が130度以上のものに限る。)、第四石油類及び動植物油類です。本人の取扱作業、取扱作業を行える施設の定期点検は実施できますが。無免許者の危険物取り扱いの立会い、危険物保安監督者にはなれません。
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ