富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
市の予算の収入の内訳はどうなっているのですか?[相談・その他]
担当課: 財政課公開日時:2005/09/01
平成26年度予算はどのような分野でどれくらいの収入の予定でしょうか?
平成26年度市の歳入予算について
歳入は市が独自に確保できる市税(市民税や固定資産税)などの自主財源と、国や県から補助・交付される国・県支出金や市債などの依存財源から構成されています。
 一般会計予算の歳入に占める自主財源の割合は66.8%です。
 市の収入(一般会計)で一番金額が多いものは、市民税・固定資産税などの市税が約460億円、補助金などの国庫支出金が約103億円、市債(借入金)が約63億円、県支出金が56億円、貸付金収入や受託事業収入などの諸収入が約42億円の順になっています。
 詳しくは、富士市ウェブサイトの「市政情報」の「予算」をご覧ください。

問い合わせ 財政課 55-2725 内線2791

参考URL:予算
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ