富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
バイク(二輪車)の廃棄処分について[ごみ・環境・リサイクル・緑化・公園・墓地(墓園)]
担当課: シティプロモーション課公開日時:2006/02/01
バイク(二輪車)の廃棄処分処分をしたいのですが、どうしたらいいのですか。
バイク(二輪車)の廃棄処分(廃車)について
平成16年10月から二輪車リサイクルシステムが始まりました。
このシステムは、廃棄二輪車の回収・適正処理、リサイクルによる廃棄物の減量と資源の有効活用を目指して、オートバイの国内メーカー4社と海外の企業が中心となって自主的に取り組んでいくものです。

これに伴い、富士市では平成17年4月1日からバイクの回収を行っていないため、ご家庭で不要になったバイクの処分は以下の方法で処分してください。
※平成23年10月より、廃棄時無料引取りが始まりました。

【リサイクルまでの流れ】
1.
不要になったバイクが対象になるか確認する
対象車両、引取基準については下記をご覧ください。

2.
運輸支局または市町村区へ廃車手続きを行う

3.
指定引取場所か廃棄二輪車取扱店へ必要書類とともに自ら持ち込む
市内の指定引取場所 (株)篠原産業 (中里2608-43 電話0545-32-2160)
引取費用は無料です

※廃棄二輪車取扱店に持ち込む場合、運搬料金が必要になる場合があります。運搬料金等につきましては、取扱店に直接お問い合わせください。

4.
処理再資源化施設にて解体され、リサイクルされます


【対象車両・必要書類などについて】

●対象車両について
参加事業者が製造または輸入し、国内で販売したオートバイが対象です。
(対象外車両一例)
電動自転車、サイドカー(側車部分)、ATV(バギー車)、電動キックボード、ミニカーなど


●引取基準について
車体(フレーム)、エンジン、ガソリンタンク、ハンドル、前後輪(ホイール)が一体となっている状態のもの。(可動・不可動は問いません)
各パーツがばらばらになった状態では、引き取れません。


●持込時の必要書類について
バイクの所有者が確認できる書類と排出者本人確認書類(免許証、パスポートなど)が必要です。バイクの所有者が確認できる書類はバイクの種類によって異なりますので下記をご覧ください。
(原付の場合)廃車申告受付書
(軽二輪の場合)軽自動車届出済証返納済確認書
(小型二輪の場合)自動車検査証返納証明書

二輪車リサイクルシステムについて分からないことがありましたら二輪車リサイクルコールセンター(電話03-3598-8075)にお問い合わせください。

関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ