富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
岩本山公園の梅の実はどうしているのですか[ごみ・環境・リサイクル・緑化・公園・墓地(墓園)]
担当課: みどりの課公開日時:2006/05/26
岩本山公園内の梅の実はどうしているのでしょうか。一般の人がとってもいいですか?
岩本山公園梅園の梅の実について
 岩本山公園内の梅園でとれる梅の実は、毎年6月に市内の障害者就労支援施設の皆さんが集まって、収穫祭を行います。
 収穫した梅は、各授産所で梅干にしたり、漬けたりして販売します(梅の実のまま販売することもあります)。
 収穫後、利用されない実はほとんどありません。作業は管理者の指導のもと、事故がないよう、また梅の木を傷つけないよう配慮しています。
 今後も障害者就労支援施設での収穫を続けていきたいと考えていますので、ご理解、ご協力をお願いします。
 

 販売物など詳しくは、平成28年度は
【障害者就労支援施設 ふじひろみ 21-6776】 へお問い合わせください。

 販売物以外のことについては
【富士市振興公社 公園事業課 55-3553】 へお問い合わせください。

◆みどりの課 電話:55-2795

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ