富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
計量強調月間について[観光・商工業・農業・林業・漁業・労政]
担当課: 商業労政課公開日時:2006/09/20
計量強調月間とは?
計量強調月間について
11月は「計量強調月間」です。
〜暮らしを支える正しい計量〜

正確な計量は、私たちの生活の基本です。
私たちの身の回りでは、ガス・水道・電気の使用量、スーパーマーケットでの肉や魚の計量、タクシー料金・ガソリン料金の計算など、様々な計量器が使われています。
 私たちの暮らしが安全で快適であるためには、これらの計量器が正確に作動し、正しく使われることが重要です。そのために、「計量法」で、規制の対象となる計量器を指定するとともに、適正な計量の基準を定めています。
また、商取引に使用するはかり(食料品店、宅配便取扱店などで使用されているはかり)は、2年に1回、定期検査を受ける必要があります。富士市では偶数年度に検査を行っております。対象となるはかりをお持ちの場合は検査を受けていただきますようお願いします。

問い合わせ 商業労政課 商業担当 55-2907 (内線2597)




参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ