富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
「緊急地震速報」について[消防・防災・防犯・コミュニティ・交通安全]
担当課: 防災危機管理課公開日時:2007/07/31
「緊急地震速報」とは何ですか。
「緊急地震速報」について
■緊急地震速報とは
 緊急地震速報は、地震による強い揺れを事前に知らせる情報です。最大震度5弱以上になると推定される地震の際に、強い揺れ(震度4以上)の地域の名前を強い揺れが来る前に知らせるものです。

 地震の揺れには、2種類の波がありますが、主に被害を受ける大きな揺れはあとから来る波によるものです。緊急地震速報は、この2つの波の到達時間の差を利用した情報です。震源に近いところにある地点の地震波を分析して、瞬時に震源の位置や地震の規模を特定し、これらをもとに、被害を起こす波が到達する前に、地震の揺れの強いところに情報を発信します。

緊急地震速報が出たときは、地震まで数秒から数十秒のほんのわずかの時間しかありません。また、震源が近いと、強い揺れに情報が間に合わないこともあります。しかし、ほんのわずかな時間でも地震に対する備えや心構えをしておくことで、とっさの時の対応もできます。緊急地震速報の性質を理解しておきましょう。

■緊急地震速報の入手方法
緊急地震速報は、NHKのテレビやラジオから緊急の速報として流されます。また、富士市では、消防庁による全国瞬時警報システム(J-アラート)によって、市の同報無線を自動起動し、屋外にあるスピーカーや防災ラジオから情報を伝えます。

■緊急地震速報設備をまちづくりセンターや市内小・中学校、まちづくりセンタ−、幼稚園、保育園など、約160か所に設置しています。

問い合わせ 防災危機管理課 電話55-2715 内線3303

参考URL:気象庁 防災危機管理課
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ