富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
障害者、特別障害者(認知症・寝たきり高齢者)控除対象者の認定について[高齢者福祉・介護保険]
担当課: 高齢者介護支援課公開日時:2008/01/07
障害者、特別障害者(認知症・寝たきり高齢者)控除対象者の認定を受けるには?
障害者控除対象者の認定について
■対象
寝たきりや認知症で日常生活に支障があり、身体障害者手帳などの交付を受けている人に準ずる状況と認められる65歳以上の人
(申請日前年の12月31日時点での要介護認定における主治医意見書の状況による)
※既に身体障害者手帳などの交付を受け障害者控除の対象者となっている人が、その後要介護状態となり、重度と認められる場合は「特別障害者控除対象者認定書」の交付対象になることがあります。
※認定書は、確定申告等で税の所得控除に使用するものです。
■内容
所得税・住民税の障害者控除、特別障害者控除の対象者の認定書を交付します。
■申し込み
随時受け付けています。直接、高齢者介護支援課へ。
  
問い合わせ 高齢者介護支援課 電話0545-55-2741(内線2426)
※広報ふじ10月20日号、1月20日号暮らしのたより掲載

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ