富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
家庭用生ごみ処理機器補助金制度について[ごみ・環境・リサイクル・緑化・公園・墓地(墓園)]
担当課: 廃棄物対策課公開日時:2008/03/07
家庭用生ごみ処理機器補助金について教えてください.

※広報ふじ平成22年3月20日号に掲載。
家庭用生ごみ処理機器補助金制度について
一般家庭から出される生ごみの減量化や再資源化を推進し、ごみの減量に対する意識の向上を目指して、家庭用生ごみ処理機器を購入し設置する場合、補助金を交付します。

●交付の条件
1.家庭用の生ごみ処理機器であること(当該年度に1世帯に1台まで)

※平成22年4月1日から手動式生ごみ処理機器も補助金の対象になりました。

※平成29年4月から、補助金の対象が下記のとおり拡大しました。
・手動式生ごみ処理機器を基材と同時購入した場合、合計金額が補助対象。
・地上式及び埋め込み式生ごみたい肥化容器(コンポスト)も補助対象。

2. 手動式生ごみ処理機器の場合は、機器に基材(生ごみを分解するためのチップ等)が付属しているものか、別売りの基材と同時購入した場合に補助対象となります。
地上式及び埋め込み式生ごみたい肥化容器(コンポスト)は、発酵促進剤との同時購入に限り補助対象となります。


3.富士市に住所がある人

●補助額
購入金額の2分の1(上限1万円)

●申請方法
購入前に、申請書(富士市ウェブサイトからダウンロードできます。認印が必用)、見積書(購入金額がわかる書類)、カタログなど機器の性能がわかる書類を廃棄物対策課へ。
※詳細は廃棄物対策課までお問い合わせください。


廃棄物対策課 0545-55-2769(内線2051)

関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ