富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
富士山おむすび計画について[健康づくり・医療]
担当課: 保健医療課公開日時:2009/04/30
「富士山おむすび計画」とは、どういうものですか?
富士山おむすび計画について
 富士山おむすび計画は、平成21年3月に策定された富士市食育推進計画のことです。平成26年4月からは第2次計画がスタートし、「食育の周知」から、より「実践的な食育」の推進に力を入れています。
 第2次計画では、「食で育む健全な心とからだ」〜食を通して心身の健康と豊かな人間性を育む〜を基本理念として、私たちが生活する上で欠かせない大切な「食」について、正しい知識を持ち、実践し、伝えていく取組として食育の推進を図っています。
 
【各ライフステージで大切にしたい食育の取組】
(ライフステージ区分)      (ステージごとの目標)
妊娠期               食に関する知識・技術を身につけよう
乳幼児期(0〜5歳)        食事のリズムを身につけ、食生活の基礎を つくろう
学童期〜思春期(6〜18歳) 正しい食行動を習得し、自分の食事を管理しよう
青年期(19〜29歳)       健康的な食生活の実践で、健やかな生活リズムを身につけよう
壮年期(30〜44歳)      自らの食生活を確立し、次世代に食の大切さを伝えよう
中年期(45〜64歳)      食生活を見直し、生活習慣病を予防しよう
高齢期(65歳以上)       健康状態に合わせた食生活を実践し、食文化を伝承しよう
              

問合せ先  保健医療課食育推進室 電話55-2884 内線2455


参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ