富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
災害時要援護者世帯の家具固定事業について[消防・防災・防犯・コミュニティ・交通安全]
担当課: 防災危機管理課公開日時:2010/04/01
災害時要援護者世帯の家具固定事業について教えてください。
災害時要援護者家具固定事業について
【この事業は修了しました:平成23年3月22日現在】
災害時用援護者世帯を対象に、家具の転倒防止器具を無料で取り付けます。
■対象世帯   
  満65歳以上のみで構成された世帯
  満65歳以上及び18歳未満の者のみで構成された世帯
  満65歳以上及び障害ある人(身体障害者手帳1・2級の交付を受けた視覚障害者または肢体不自由の人)がいる世帯のみで構成された世帯
  障害のある人(身体障害者手帳1・2級の交付を受けた視覚障害者または肢体不自由の人)がいる世帯
■対象家具  タンス及び食器棚又はそれに準ずる家具
■設置台数  1世帯につき、最大3台まで(600世帯分)
■申請方法  申請書(防災危機管理課、各地区まちづくりセンターで配布)に必要事項を記入し、直接または郵送、ファクス、Eメールで防災危機管理課へ
■募集期間  4月15日から受付
■取付開始  7月1日から実施
          
問い合わせ 防災危機管理課 55-2715 内線3301
      〒417-8601 富士市役所防災危機管理課
      ファクス 51-2040
      Eメール bousai@div.city.fuji.shizuoka.jp




参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ