富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
富士市育児支援資金利子補給制度について[福祉(児童・保育所・障害者・母子等・生活保護)]
担当課: こども家庭課公開日時:2012/07/25
富士市育児支援資金利子補給制度について教えてください。
※広報ふじ9月5日号暮らしのたより掲載。
富士市育児支援資金利子補給制度について
「富士市育児支援資金利子補給制度」は、子育ての経済的負担を軽減するため、
金融機関から子育てに要する資金の貸付を受けた者に対し、富士市が利子補給金
を交付する制度です。
 子育てに要する資金とは・・・
 ■育児休業・休暇による生活費
 ■ベビーシッターを雇う費用等のサービス利用費用
 ■育児に必要なベッド、家具等の購入費用
 ■出産に関する費用   など

●交付対象者
・富士市の住民基本台帳に記載され、引き続き1年以上居住している人
・市税を完納していること
・妊婦もしくはその配偶者であること、または小学校就学前の乳幼児を有すること
・金融機関の審査基準を満たした人

●利子補給の額等
・貸付期間が5年以内の貸付に対し、貸付実行日から5年を限度に年2.0%以内の
利子相当額を補給します。
・限度額 100万円
・利子補給金の交付は、前期(4月1日〜9月30日)及び後期(10月1日〜翌年3月31日)の2期に区分して交付します。
 ※貸付については、金融機関の商品により、貸付の利率が異なります。
 ※子育てに要する資金の貸付期間内に市外に転出したときは、以後の利子補給を行わないものとします。
 ※償還を怠ったため生じた利子等に対する利子補給金の交付は行いません。

●申請に必要なもの
・富士市育児支援資金利子補給補助金申請書(第1号様式)
・申請者の住民票の写し
・市税完納証明書
・母子健康手帳の写し、または、健康保険証の写し等
・子育てに要する資金の貸付けの証明書類
 (貸付けを受けた金融期間で発行してもらいます。)
この制度の取り扱い金融機関については、子育て支援課にお問い合わせください。

問い合わせ こども未来課 子育て支援担当 電話55-2731 内線2465


参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ