富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
認知症・介護予防情報(広報ふじ平成29年5月20日号)「フレイル(虚弱)をご存知ですか?」[高齢者福祉・介護保険]
担当課: 高齢者介護支援課公開日時:2012/10/24
フレイルって何ですか?
「フレイル(虚弱)をご存知ですか?」
「フレイル(虚弱)をご存知ですか?」


フレイルとは、加齢とともに筋力や認知機能などが低下し、生活機能障害・要介護状態、死亡などの危険性が高くなった状態のことで、適切な対応により、生活機能の維持・向上が可能となります。
2013年の65歳以上の高齢者を対象とした国の調査によると、フレイルの状態の高齢者は約11.5%で、65〜69歳では5.6%であるのに対し、80歳以上では34.9%と、加齢に伴ってフレイルの割合が上昇しています。
フレイルによって医療機関の受診率や要介護認定者の割合が高くなります。
フレイルは、社会参加、口の機能、運動機能が低下している高齢者がなりやすいという研究結果が出たのを踏まえて、東京大学高齢社会総合研究機構がチェックシートを開発しました。

フレイルチェック(簡易版)の質問項目

1 ほぼ同じ年齢の同性と比較して健康に気をつけた食事を心がけているか 
2 野菜料理と主菜(肉か魚)を両方とも毎日2回以上食べているか
3 「さきいか」「たくあん」くらいの固さの食品を普通に噛み切れるか
4 お茶や汁物でむせることがあるか
5 1回30分以上の汗をかく運動を週2日以上、1年以上実施しているか
6 日常生活で歩行か同等の身体活動を1日1時間以上実施しているか
7 ほぼ同じ年齢の同性と比較して歩く速度が速いと思うか
8 昨年と比べて外出回数が減っているか
9 1日に1回以上は誰かと一緒に食事するか
10 自分が活気に溢れていると思うか
11 何よりもまず物忘れが気になるか

4・8・11の質問ははいの回答、それ以外はいいえの回答が多いほど
フレイルリスクが高いという評価になります。


 詳しくは高齢者介護支援課までお問い合わせください。

  富士市高齢者介護支援課 地域包括支援担当
                       電話55-2951
















参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ