富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
60歳台前半で厚生年金(共済年金)を受給していますが、65歳から受け取る年金はどうなりますか?[国民健康保険・国民年金]
担当課: 国保年金課公開日時:2013/03/03
60歳台前半で厚生年金(共済年金)を受給していますが、65歳から受け取る年金はどうなりますか?
65歳になると老齢基礎年金と老齢厚生年金を受け取ることができます
 65歳より前に厚生年金(共済年金)を受給している人は、65歳になると今まで受け取っていた年金にかわり、老齢基礎年金と老齢厚生年金を受け取ることになります。これらを受け取るためには手続が必要です。

■老齢基礎年金・老齢厚生年金の手続について
 65歳になる誕生月の初め頃に、日本年金機構(共済組合)から「年金請求書」と記入方法を記載しているリーフレットが届きます。リーフレットをよく読み、年金請求書に必要事項を記入のうえ、65歳になる誕生月の末日までに日本年金機構(共済組合)へ返送してください。
 老齢基礎年金・老齢厚生年金が決定された場合、「年金決定通知書・支給額変更通知書」が届きますので、内容を確認してください。年金証書は新たに交付されませんので、現在お持ちの証書を大切に保管して下さい。
 
 不明な点がある場合は、日本年金機構富士年金事務所または共済組合にお問い合わせください。

■お問い合わせ
日本年金機構 富士年金事務所
電話番号:0545-61-1900
富士市役所 国保年金課 国民年金担当
電話番号:0545-55-2755

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ