富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
老齢基礎年金を早く受け取ったり、遅く受け取ったりすることはできますか(繰上げ支給と繰下げ支給)[国民健康保険・国民年金]
担当課: 国保年金課公開日時:2013/03/03
老齢基礎年金を早く受け取ったり、遅く受け取ったりすることはできますか(繰上げ支給と繰下げ支給)
老齢基礎年金の繰上げ支給と繰下げ支給について
 老齢基礎年金の支給は、原則として65歳からです。ただし、本人が希望すれば60歳〜64歳でもらえるように支給を早めたり、66歳以降に支給を遅らせたりすることができます。

■繰上げ支給について
 60歳〜64歳で支給を受けることを「繰上げ支給」といいます。この場合、年金額は支給を受け始める年齢に応じて減額され、その額が一生続きます。

■繰下げ支給について
 66歳以降から支給を受けることを「繰下げ支給」といいます。この場合、年金額は支給を受け始める年齢に応じて増額され、その額が一生続きます。

■注意事項
・一度繰上げて請求すると取消はできません。生涯、減額された年金になります。
・繰上げ請求後に任意加入することができず、未納期間の保険料の納付や追納をすることができなくなります。
・受給権が発生したときは、それまでにもっていた寡婦年金の受給権を失います。
・受給権が発生した後は、原則として、障害基礎年金は受けられません。
・遺族厚生年金を受けている場合、65歳になるまでは老齢基礎年金と遺族厚生年金のいずれか一つを選択することになります。

■お問い合わせ
日本年金機構 富士年金事務所
電話番号:0545-61-1900
富士市役所 国保年金課 国民年金担当
電話番号:0545-55-2755

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ