富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
国民年金をもらうときの届け出について教えてください。(60歳から64歳繰上げ請求)[国民健康保険・国民年金]
担当課: 国保年金課公開日時:2013/03/03
国民年金をもらうときの届け出について教えてください。(60歳から64歳繰上げ請求)
老齢基礎年金の請求について(60歳から64歳繰上げ請求)
国民年金の老齢基礎年金は65歳から受けるのが基本です。しかし、本人が希望すれば60歳から受けることができます。この場合、受ける年金額が65歳から受け始める年金額に比べ減額され、60歳で繰り上げ請求した場合には、30%の減額となります。
 減額率は、受給を希望し請求した月から65歳になる月の前月までの月数に応じて1か月ごと0.5%ずつ低くなります。なお減額は生涯続きます。
なお、繰上げ請求した後は、以前の未納分の保険料を納付することはできなくなります。また、繰上げ請求後に障害になり、程度が重くなっても障害基礎年金は受けられませんし、寡婦年金も受けられなくなりますので、ご注意ください。
手続は市役所国保年金課国民年金担当窓口(第3号被保険者期間があるときは富士年金事務所)で裁定請求と同時に行えます。

国保年金課 55-2755
富士年金事務所 61-1900

戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ