富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
国民年金を受給する前に障害が生じました。障害基礎年金は請求できますか?[国民健康保険・国民年金]
担当課: 国保年金課公開日時:2013/03/03
国民年金に60歳まで加入し、65歳から老齢基礎年金を受ける予定でした。年金を受ける前に生じた障害に対して障害基礎年金は受けられますか。
老齢基礎年金を受ける前に生じた障害に対して障害基礎年金について
障害基礎年金を受けられるのは、国民年金に加入している間に病気やケガをした人だけではありません。老齢基礎年金を受けるまでの60歳から64歳までの間に、病気やケガがもとで一定以上の障害が残り、障害年金を受けられる保険料の納付要件を満たしている人にも支給されます。
 受けられる年金には1級と2級があり、障害の程度によって決められます。
 障害年金が受けられるのでは、と思われる場合は、国保年金課国民年金担当窓口、富士年金事務所で相談の上、国保年金課国民年金窓口(第3号被保険者期間がある人は富士年金事務所)で障害基礎年金の裁定請求手続をしてください。

国保年金課国民年金担当 55-2755
富士年金事務所     61-1900  


関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ