富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
60歳以上でも国民年金に加入できますか?(高齢任意加入について)[国民健康保険・国民年金]
担当課: 国保年金課公開日時:2013/03/25
60歳以上でも国民年金に加入できますか?(高齢任意加入について)
国民年金の60歳以上の加入について(高齢任意加入)
 60歳になると国民年金の資格を失いますが、「年金額を満額に近づけたい人」や「年金を受給するために必要な期間(受給資格期間)が10年に満たない人」は、申し出により、任意加入することができます。これを高齢任意加入といいます。
 高齢任意加入は、60歳以上65歳未満の人が加入できます。また、昭和40年4月1日以前に生まれた人に限り、65歳になっても受給資格期間を満たせない場合は70歳まで加入期間を延長できます(特例任意加入)。
 高齢任意加入は、申し出をした日から加入となります。年金手帳、預金(貯金)通帳、通帳届出印を持って、国保年金課または日本年金機構富士年金事務所で手続をしてください。

【注意事項】
・任意加入被保険者の国民年金保険料は第1号被保険者と同じです。
・日本国内に住所がある60歳以上の任意加入被保険者の保険料の納付は、原則、口座振替になります。
・保険料免除制度、納付猶予制度、学生納付特例制度の適用はありません。
・任意加入をやめたいときは、国保年金課または日本年金機構富士年金事務所で手続してください。
・高齢任意加入者は、65歳までに保険料納付済期間等が480月に達したとき、本人の申し出がなくても資格を喪失します。
・特例任意加入者は、65歳以上で受給資格期間が10年に達したとき、本人の申し出がなくても資格を喪失します。


■お問い合わせ
富士市役所 国保年金課 国民年金担当
電話番号:0545-55-2755

日本年金機構 富士年金事務所
電話番号:0545-61-1900

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ