富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
認知症高齢者徘徊探索事業[高齢者福祉・介護保険]
担当課: 介護保険課公開日時:2013/04/15
認知症高齢者徘徊探索事業の内容は。
認知症高齢者徘徊探索事業
徘徊などにより認知症高齢者の行方が分からなくなったときに、GPSで現在位置を確認できる装置を市が有償で貸し出しています。
徘徊してしまう人の安全を確保するともに、介護する家族の負担を軽減します。詳しくは介護保険課までお問い合わせください。

対象/認知症高齢者と同居し介護している人
内容/徘徊探索装置の貸与
利用料
・課税世帯の場合…初期費用は市が負担。基本料(500円/月)や情報提供料(200円/回)は自己負担
・非課税世帯の場合…初期費用、基本料は市が負担。情報提供料は自己負担 

【申し込み・問い合わせ】富士市介護保険課 計画管理担当 55-2767       



参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ