富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
障害年金(1・2級)を受給している人の国民年金保険料の免除について[国民健康保険・国民年金]
担当課: 国保年金課公開日時:2014/02/04
 現在、障害年金(1・2級)を受給していて、国民年金保険料の納付が法定免除(法律により免除)になっています。平成26年4月1日から何か変更になりますか。
障害年金(1・2級)を受給している人の法定免除について
 これまで、障害年金1・2級を受給している人は、国民年金保険料の納付が法定免除となっていました。そのため、老齢基礎年金の増額を希望するときには、国民年金保険料を後から納める方法(追納制度)を利用していただいていました。
※過去に障害年金1・2級を受給していた人のうち、下記のいずれかに該当する場合は、法定免除に該当します。
 ・障害年金1・2級から3級に変更になった人
 ・障害年金の対象とならなくなってから3年以内の人

■平成26年4月1日からの変更点
 法定免除の期間であっても、国民年金保険料を納付できる「納付申出制度」がスタートします。納付の申出をすると、以下のような便利でお得な制度を合わせて利用できるようになります。
 ・国民年金保険料の口座振替/手間がかからず、当月払いや前納をすると割引があってお得です。
 ・付加年金への加入/月額400円を上乗せして納付することで、将来的により多くの年金を受け取ることができます。

■手続き・お問い合わせ
 国保年金課 電話0545-55-2755
 日本年金機構 富士年金事務所 電話0545-61-1900

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ