富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
遺族基礎年金の受給について教えてください。[国民健康保険・国民年金]
担当課: 国保年金課公開日時:2014/03/14
国民年金に加入している配偶者が亡くなりました。18歳未満の子供がいるのですが、受け取れる年金の手続きについて教えてください。
遺族基礎年金が請求できる場合があります。
国民年金に加入中の人が死亡したときは、死亡した人に生活を支えられていた子どもがいる夫や妻(子の人数によって加算がつきます)に、または子どもだけのときは子どもに遺族基礎年金が支給されます。子どもは18歳に到達した日以後最初の3月31日を過ぎていないこと、または20歳未満で一定の障害者であることなどの条件が必要です。
 支給に当たっては保険料の納付要件があります。死亡前の保険料納付済期間免除期間の合算が、全加入期間の3分の2以上でないと受給できません。しかし当分の間(平成28年3月31までの死亡)は死亡前1年間保険料を完納していれば支給されます。
 手続は、富士市役所3階国保年金課国民年金担当で受付けています。必要な書類は、年金手帳、戸籍謄本、住民票謄本、請求者の印鑑・預金通帳及び、請求者の所得証明書です。
 第3号被保険者期間があるときは富士年金事務所で裁定請求を行ってください。

富士年金事務所 61-1900
国保年金課   55-2755

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ