富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
高齢者運転免許証返納支援制度について[消防・防災・防犯・コミュニティ・交通安全]
担当課: 市民安全課公開日時:2014/03/28
高齢者運転免許証返納支援制度について教えてください。
高齢者運転免許証返納支援制度について
運転に不安を抱える高齢者の方が、自主的に運転免許を返納することにより、高齢者の交通事故を未然に防止することを目的とした制度です。
運転経歴証明書発行手数料の助成と、免許証返納者用公共交通共通回数券の交付を行っています。

【運転経歴証明書発行手数料の助成について】

運転免許を自主的に返納した場合に交付を受けることができる、運転経歴証明書の発行に係る手数料(1,100円)を助成しています。

申請方法
富士警察署窓口で申請用紙を受けとり、記入提出してください。

運転経歴証明書のメリット
1 公的な身分証明書として使用できる。
2 県タクシー協会加盟または、個人タクシー協会事業者のタクシー利用時に提示すると運賃が1割引になる。
3 富士急静岡バスが販売する「シルバー定期券」の早期購入ができる。
4 静岡県警が推進している、運転免許自主返納者サポート事業に加盟している店舗等で、特典やサービスを受けることができる。

【免許証返納者用公共交通共通回数券の交付について】

市内で利用可能な、5,000円分の回数券の交付を行っています。
※1回限りの交付であったものを、令和2年4月1日から最大5回に拡充。

対象者(すべての条件を満たす場合のみ支援)
1 平成29年4月1日以降に、運転免許を自主返納した方、または運転免許が失効した方
2 免許返納日、免許失効日に満65歳以上の方
3 富士市に住所がある方
※平成30年度、平成31年度に回数券の交付を受けた方も対象となります。

申請場所
市役所市民安全課(即日交付)または、最寄のまちづくりセンター(後日郵送)

申請に必要なもの
・「申請による運転免許の取消通知書」
 (取消通知書がない場合は「運転経歴証明書」でも可
・委任状(別世帯の代理人が申請する場合)

申請期間
・返納(失効)をした年については、返納(失効)日が属する年度の末日まで
・翌年度以降は当該年度期間中(4月1日〜翌年3月31日)

利用できる公共交通機関
・市内コミュニティ交通
・路線バス(市内で乗降いずれか利用する場合に限る。)
・岳南電車
・タクシー(県タクシー協会に加盟している市内のタクシー会社)

※運転免許を返納、または失効した年度を含めた5年間のうち、令和3年度以降の分の交付となります。
※交付は1年度につき1回です。
※申請は毎年度必要です。
※運転免許が失効した方は、失効日を確認できるものが必要となります。
※代理人が申請する場合、委任状が必要となる場合があります。

参考URL:
関連文書: チラシ.pdf
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ