富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
お祭り等のイベントで火気器具を使用する露店を出店する場合は、消火器の準備と消防署への開設届出が必要です[消防・防災・防犯・コミュニティ・交通安全]
担当課: 消防本部予防課公開日時:2014/07/23
1、どのようなイベントに必要ですか
2、火気器具とはどのようなものですか
3、消火器はどのようなものが必要ですか。また、どこで購入できますか。
4、消火器の準備が必要となるものは必ず露店の開設届が必要になるのですか。
5、露店の開設届は誰が提出しなければならないのですか。

お祭り等のイベントで火気器具を使用する露店を出店する場合は、消火器の準備と消防署への開設届出が必要です
1、地区や会社のお祭り、花火大会、学園祭、展示会など一時的に一定の場所に人
が集合することにより混雑が生じ、火災が発生した場合に危険性が高まるイベント
で、火気器具を使用するところです。

2、火気器具とは、気体燃料、液体燃料若しくは固体燃料を使用する器具又は電気
を熱源とする器具をいいます。例として、コンロ、ストーブ、発電機などです。

3、消火器は、国家検定を受けたものを準備する必要があります。検定を受けた消
火器は検定マークが貼られていますので確認して下さい。また、検定を受けた消
火器でも住宅用消火器は該当しないことに注意してください。
なお、消火器は防災設備会社やホームセンター等で購入することができます。

4、露店で火気器具を使用する場合は露店の開設届が必要となります。ただし、火
気器具を使用する露店がなく、会場の照明のためだけに発電機を使用するものは
発電機に対して消火器は必要になりますが、露店の開設届は必要ありません。

5、露店を出す人が提出しなければなりません。ただし露店を出す人が複数(露
店業者と地域住民等)であり、各露店の出店状況を把握できる場合は、主催者が
一括して提出することができます。


参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ