富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
ロコモティブシンドロームを予防しましょう。[高齢者福祉・介護保険]
担当課: 高齢者介護支援課公開日時:2014/08/22
ロコモティブシンドロームとはどんなことですか?

※広報ふじ9月20日号掲載
ロコモティブシンドロームを予防しましょう。
「ロコモティブシンドローム」は運動器症候群のことで、立ったり歩いたりの動作ができなくなってしまうことです。なんとなく膝が痛い、片足立ちになるとふらつく、手すりがないと階段が昇れない・・といったことが初期段階に見られます。放っておくと日常生活に影響がでてきたり、治療が必要になったり、さらには要介護状態につながることもあります。
 最大の予防は「運動」です。無理をせず、正しい知識を持って日常生活の中で体を動かして「ロコモ」を予防していきましょう。

お問い合わせ先 高齢者介護支援課 55-2951 内線2456

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ