富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
浄化槽の日について[上・下水道]
担当課: 生活排水対策課公開日時:2015/08/06
浄化槽の日とはなんですか?(広報ふじ9月5日号に掲載)
浄化槽の日について
浄化槽法が全面施行された日(昭和60年10月1日)を記念して、毎年10月1日は「浄化槽の日」として定められました。
浄化槽の普及促進と浄化槽の周知を通じて、生活環境の保全と公衆衛生の向上を図ることを目的としています。

●浄化槽とは
合併処理浄化槽とは、微生物の働きを利用してトイレの排水に加え生活雑排水(台所や風呂等の排水)を処理する装置で、水辺環境の保全に重要な役割を果たしています。
一方で、単独処理浄化槽や汲み取り便槽では生活雑排水が未処理のまま放流されている状況となっています。このため、これらの施設を使用している場合には合併処理浄化槽に切り替えることが望ましいとされています。


●定期的な点検と清掃を
浄化槽の機能を正常に保つため、浄化槽の使用者(管理者)は保守点検(4か月に1回以上)・清掃(年1回)・法定検査(年1回)を定期的に行うことが浄化槽法で義務付けられています。
保守点検・清掃はあらかじめ専門の業者と委託契約を結び実施しましょう。
法定検査は毎年1回、(一財)静岡県生活科学検査センターに依頼しましょう。


●補助金制度について
浄化槽の設置・管理には補助金が出ます。
市は、浄化槽に対して以下の2つの補助金制度を設けています。

1.浄化槽設置費補助金
補助対象区域において、合併処理浄化槽を新たに設置する(汲み取り便槽・みなし浄化槽からの転換も可)専用住宅または、居住を主な目的とした併用住宅に対して補助します。
※浄化槽工事業者を決めるときは、複数業者から見積もりを取得するなど内容をよく確認し、十分検討したうえで依頼するようにしてください。

2.浄化槽維持管理費補助金
補助対象区域において、合併処理浄化槽を適正に管理(清掃・保守点検・法定検査)している専用住宅または、居住を主な目的とした併用住宅に対して補助します。

・区域の変更について
平成30年4月より、浄化槽区域の変更に伴い一部地域で設置の際の補助金額が変更(増額)となりました。お住まいの場所が対象となるかどうかは生活排水対策課までお問い合わせください。

※補助金制度の詳細については、生活排水対策課へお問い合わせください。


●浄化槽法の改正について
令和2年4月1日に改正浄化槽法が施行され、浄化槽使用休止届出書の提出や特定既存単独処理浄化槽(そのまま放置すると生活環境や公衆衛生上支障が生じるおそれのある既存単独処理浄化槽)に対する指導等について新たに定められました。市では、今後これらの浄化槽に対する制度の周知や指導を行う予定です。


●問合せ先
生活排水対策課 電話:0545-67-2850
(一財)静岡県生活科学検査センター 電話:054-621-5030

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ