富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
富士市マナー条例の施行について[ごみ・環境・リサイクル・緑化・公園・墓地(墓園)]
担当課: 環境総務課公開日時:2016/04/04
富士市マナー条例の内容を教えてください。
富士市マナー条例について
富士市マナー条例 <平成28年6月1日から施行されます>
(正式名:富士市誰もが快適に過ごすことができる美しいまちづくりの推進に関する条例)

<目的>
富士山の世界遺産登録を機に、富士市には世界中から人々が訪れるようになりました。富士山の玄関口に位置するまちとして、富士山の価値を再認識し、自らのまちに愛着をもつことで、周囲を思いやり、マナーを守る心を育み、快適な生活環境の保全、創造につなげていきましょう。そして、人々が永く住み続けたい、何度も訪れたいと感じる魅力に満ちた美しいまちを築きましょう。

(快適な生活環境の「保全」とは現状の環境を汚さないこと、「創造」とは、現状の環境からさらに美化することをいいます。)

<基本理念>
 次に掲げる事項を基本理念とし、美しいまちづくりを推進します。
・快適な生活環境の保全に係る誇るべき規範意識を身につけること
・本市に愛着を持ち、周囲の人々を思いやる心を育むこと
・市・市民・事業者・来訪者がそれぞれの役割を認識し、相互の理解と連携の下、協働して行うこと

<責務>
 【市】
快適な生活環境の保全及び創造に係る啓発、支援その他の必要な施策を講じます。
 【市民】
地域の美化に日常的に努めます。
快適な生活環境の保全及び創造に努めます。
市の施策に協力するよう努めます。
 【事業者】
地域の美化に日常的に努めます。
快適な生活環境の保全及び創造のために必要な措置を講ずるよう努めます。
市の施策に協力するよう努めます。
 【来訪者】
   快適な生活環境の保全に努めます。
   市の施策に協力するよう努めます。

<禁止事項>
 ・公共の場所※や他人の土地では、吸い殻や空き缶等の投棄をしてはならない。
   ゴミ箱に捨てるか、家に持ち帰って捨てましょう。
 ・公共の場所や他人の土地では、飼い犬・飼い猫等のふんを放置してはならない。
   ふんは袋等に入れて家に持ち帰って処分しましょう。


<禁止行為を確認した場合>
(1)違反者に指導又は勧告をします。
    ↓
(2)違反者に措置命令をします。(指導又は勧告によっても違反行為が改善されない場合)
    ↓
(3)違反事実の公表をします。(措置命令によっても違反行為が改善されない場合)
  ・・・違反者の住所、氏名、違反内容等を公表します。


喫煙をする際の配慮事項
(1)公共の場所において喫煙をする際は、他人の身体や、持ち物・衣類等に影響又は被害を与えないよう配慮しなければならない。
(2)公共の場所において歩行中又は自転車乗車中には喫煙をしないよう努めなければならない。
(3)公共の場所において喫煙する際は、灰皿等が設けられた場所を利用し、又は携帯用灰皿を携行し、使用するよう努めなければならない。

<回収容器の設置>
吸い殻や空き缶等のポイ捨ての原因となりうるものを販売する場合は(自動販売機も含む。)、回収容器を設置し、適正に管理するよう努めなければならない。

<美化推進重点区域の指定>
市は、次の公共の場所を「美化推進重点区域」に指定することができます。
・人の往来が多く、「吸い殻、空き缶等のポイ捨て」または「飼い犬等のふんの放置」が著しい区域
・地域の歴史、文化等からみて、地域の特性にふさわしい快適な生活環境を保全するため、特に必要があると認める区域
・その他市長が特に必要と認める区域
 (市長が認める団体は、美化推進重点区域を申し出ることができます。)

美化推進重点区域では、啓発品の貸与、美化推進キャンペーン、関係団体への美化活動の働きかけ等を実施していく予定です。


※この条例における「公共の場所」とは、道路、公園、広場など屋外の公共の用に供する場所をいいます。



【問い合わせ先】 
富士市環境部環境総務課 (直通)0545-55-2901



参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ