富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
「地域インフラ・資源を活用した既存市街地スマートシティ化の可能性調査」について[ごみ・環境・リサイクル・緑化・公園・墓地(墓園)]
担当課: 環境総務課公開日時:2016/07/12
「地域インフラ・資源を活用した既存市街地スマートシティ化の可能性調査」について教えてください。
「地域インフラ・資源を活用した既存市街地スマートシティ化の可能性調査」について
 この度、岳南電車株式会社、富士市、日本電気株式会社、株式会社ヒラテ技研の4者が協働事業者として提案した「地域インフラ・資源を活用した既存市街地スマートシティ化の可能性調査」について、一般社団法人新エネルギー導入促進協議会から「平成28年度地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進事業(事業化可能性調査)」の採択を受けました。
 これまで、既存市街地でのスマートシティ化は困難と考えられてきましたが、既存工場の設備利用、既存インフラの有効活用、主体毎の適切な役割分担により、実現できうるかを明らかとすることを目的とし、次の点について検討いたします。

1.本システムを実装する際の法・制度面による制限事項等の整理
2.ビジネススキームと事業採算性
3.本事業により活用が期待できる未利用エネルギー賦存量、高度利用により削減できる量
4.エネルギーマネジメントによる効率化の効果と経済性
5.熱を産業、電気を住宅・商業で利用することの経済性評価


第1回検討委員会

1 日時   平成28年7月21日(木曜日)午後2時10分から

2 場所   富士市庁舎 10階 全員協議会室(静岡県富士市永田町1丁目100番地)
 
3 主催者等 岳南電車株式会社、富士市、日本電気株式会社、株式会社ヒラテ技研

4 事業概要(内容) ・本検討趣旨説明
           ・調査概要説明


第2回検討委員会

1 日時   平成28年11月28日(月曜日)午前10時10分から

2 場所   富士市庁舎 9階 第2委員会室(静岡県富士市永田町1丁目100番地)
 
3 主催者等 岳南電車株式会社、富士市、日本電気株式会社、株式会社ヒラテ技研

4 審議内容(予定)
       ・需要側実施調査結果
       ・送配電設備検討結果
       ・エネルギーマネジメント及びサービス検討結果
       ・法的技術的課題の抽出と対応策検討


第3回検討委員会

1 日時   平成29年1月24日(火曜日)午後3時30分から

2 場所   富士市庁舎 10階 全員協議会室(静岡県富士市永田町1丁目100番地)
 
3 主催者等 岳南電車株式会社、富士市、日本電気株式会社、株式会社ヒラテ技研

4 審議内容(予定)
       ・事業スキーム構築及び事業性評価結果
       ・調査全体の検討
       ・今後の事業計画の確認 他

参考URL:
関連文書: 事業内容について.pdf
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ