富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
臨時福祉給付金(経済対策分)について[福祉(児童・保育所・障害者・母子等・生活保護)]
担当課: 福祉総務課公開日時:2017/01/06
臨時福祉給付金(経済対策分)について教えてください。
臨時福祉給付金(経済対策分)について
【支給対象者】
平成28年度分の市民税(均等割)が課税されない人で、原則として基準日(平成28年1月1日)に富士市に居住している人を対象とします。

ただし、以下に該当する人は対象外となります。
・平成28年度分の市民税(均等割)が課税される方に扶養されている人
※「扶養」には、控除対象配偶者、配偶者特別控除における配偶者、青色事業専従者及び白色事業専従者を含みます。また、住民票の世帯や健康保険の扶養とは異なります。
・生活保護制度の被保護者となっている人
・支給決定がされる前に亡くなられた人

【支給金額】
 支給対象者1人につき 15,000円
※給付は1回のみとなります。

【申請期間】
 平成29年3月15日〜平成29年7月31日
※申請期間中は、市役所4階に相談窓口を設置します。
※平成28年度臨時福祉給付金(3,000円)とは、別々の給付金ですので、それぞれ申請が必要です

【申請方法】
平成29年3月中旬に、支給の対象になると思われる人に申請書などを郵送します。
申請書を受け取った人は、内容を確認した上で必要事項を記入し、同封の返信用封筒で郵送するか、直接市役所4階相談窓口に提出してください。
※3月中は、窓口が大変混雑しますので、郵送による申請をご利用ください。

【支給】
申請書が提出されたら、市で審査を行い、支給・不支給を決定し、原則として申請者名義の口座に振り込みます。
※多くの申請が集中した場合、申請から支給まで時間がかかることがあります。

【問い合わせ】
臨時福祉給付金コールセンター(電話)0120‐007‐160
福祉総務課(電話)55‐2840

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ