富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
母子家庭等高等学校卒業程度認定試験合格支援給付金事業について[福祉(児童・保育所・障害者・母子等・生活保護)]
担当課: こども家庭課公開日時:2017/04/14
母子家庭等高等学校卒業程度認定試験合格支援給付金事業について教えてください
*広報ふじ5月20日号掲載予定
母子家庭等高等学校卒業程度認定試験合格支援給付金事業について
富士市では、母子家庭等(母子家庭・父子家庭)の親又は児童の学び直しを支援し、より良い条件での就業を促進するため、平成29年度より、高等学校卒業程度認定試験の合格に向けた講座を修了したとき及び合格したときに講座の受講経費の一部を支給します。


◆対象者
20歳未満の児童を扶養している母子家庭等の親又は母子家庭等の児童(20歳未満)で次のすべての要件を満たしている方
・市内に住民登録がある
・母子家庭等の親が児童扶養手当を受給している、または同等の所得水準にある
・既に大学入学資格を取得していない


◆給付金の種類

○受講修了時給付金
 講座の受講を修了した際に、受講経費の20%に相当する額を支給します。
 (上限10万円、4,000円以下は対象外)

○合格時給付金
 受講修了時給付金の支給を受けた者が、受講修了の日から起算して2年以内に認定試験に合格した場合に、受講経費の40%に相当する額を支給します。
 (受講修了時給付金とあわせて15万円が上限)


◆申請方法
申請前に、あらかじめこども家庭課でご相談ください。

《お問い合わせ》
こども家庭課 TEL 55−2738

*広報ふじ5月20日号掲載予定

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ