富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
悪質電話対策機器購入費補助金について[消防・防災・防犯・コミュニティ・交通安全]
担当課: 市民安全課公開日時:2017/08/17
「富士市悪質電話対策機器購入費補助金」とはどういうものですか?
悪質電話対策機器購入費補助金について
 悪質商法及び特殊詐欺による被害が全国的に問題となっている中、富士市は県内他市町との比較において、悪質商法及び特殊詐欺に係る電話の発生件数が大変多い。
 そのため、悪質商法又は特殊詐欺を目的とする電話による高齢者の被害を未然に防止するために、悪質電話対策機器を購入する者に対する補助金制度を創設しました。
 対象者は65歳以上で市内に住所を有する市民。
 対象機器は3つあります。
 1 固定電話機に接続する機器であって、通話内容を録音し、かつ、通話内容を録音する旨の応答を相手方に対して自動的に行う機能を有するもの
 2 固定電話機に接続する機器であって、悪質電話の着信を自動的に判別し、かつ、悪質電話の着信を通知し、又は自動的に着信を切断する機能を有するもの
 3 上記の1または2の機能を内蔵する固定電話機
 補助金額は、対象機器の購入費用で、1,000円未満の端数は切り捨て。上限は1万円。
 必ず、購入前に申請をすることが必要。
 申請に必要な書類は、電話対策機器の見積書の写し、悪質電話対策機器の仕様が分かる書類(カタログ等)、悪質補助金の交付を受けようとする者の属する世帯の世帯員全員の住民票の写し、です。
 受付は、平成29年10月2日から。

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ