富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
認知症・介護予防情報(広報ふじ平成30年1月20日号)健康長寿の新3要素 静岡県版[高齢者福祉・介護保険]
担当課: 高齢者介護支援課公開日時:2017/12/15
健康長寿の新3要素 静岡県版って何ですか?
※広報ふじ暮らしのたより平成30年1月20日号
認知症・介護予防情報(広報ふじ平成30年1月20日号)健康長寿の新3要素 静岡県版
静岡県は厚生労働省が初めて都道府県別に公表した健康寿命で全国1位でした。
しかし、静岡県でも平均寿命と健康寿命との間に数年間の差があります。健康づくりを更にすすめてこの差を縮めることが目標の1つとなります。また、高齢化が著しく進む日本では、医療費・介護費の急騰が深刻な課題であり、対策として可能な限り元気で生活していくことが大切です。そのためには、やはり健康づくりへの取組みが必要です。
 では健康づくりとは、何をすればよいのでしょうか?
 日本では、代表的な三要素は“運動”“栄養””休養“として提唱しています。
一方静岡県では、新しい健康づくりを展開していくために、新三要素として、”運動“”栄養“”社会参加“を提唱しています。
 これらの健康づくりの三要素は、何か一つに力を入れるのではなく、バランス良く取り込むことが重要となります。偏らないように、健康づくりに取り組むことが重要です。

  詳しくは高齢者介護支援課までお問い合わせください。

   富士市高齢者介護支援課
   電話55-2951


参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ