富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
富士市救急医療センターの適正な利用にご協力ください[健康づくり・医療]
担当課: 保健医療課公開日時:2018/07/06
富士市救急医療センターの適正な利用について教えてください
富士市救急医療センターの適正な利用にご協力ください
富士市救急医療センターは、病院や診療所が開いていない夜間・休日などの救急患者に対応する医療施設です。年中無休の診療体制を維持するため、富士市医師会や県内外の大学病院など、数多くの医師が交代で診療に当たっています。
現状、大学病院の医師は、主に深夜から翌朝にかけての時間帯を受け持っており、昼間に大学病院での診療が終わった後、当センターで当直し、翌朝また大学病院に戻るという勤務をこなしています。
このような、協力体制があって、富士市救急医療センターは成り立っています。
「平日の昼間は仕事があるので、休日や夜間のほうが都合がいい」、「数日前から何となく調子が悪い」、など緊急性の低い患者が増えると、一刻も早い受診を必要とする急病患者が診療を受けられず、重大な危険にさらされる可能性があります。また、医療スタッフに必要以上の負担がかかってしまい、救急医療体制の崩壊につながりかねません。
日頃から健康管理に気をつけ、身体の調子がおかしいと感じたら、「かかりつけ医」や近隣の医療機関の診療時間内に受診することを心掛けるなど、救急医療の適正な利用にご協力をお願いします。

《応急処置を行う医療機関です》
●病院などが開いていない夜間・休日などに、救急患者を診察し一時的に痛みを軽減したり、熱を下げたりするなどの応急処置を目的としています。
●内科・小児科・外科・整形外科・泌尿器科・脳神経外科等の医師が持ち回りで診察していますので、専門科と違う医師が担当となる場合があります。
●CT検査などの精密検査はできません。
●投薬は原則1日分です。
●当センターでは十分な検査・経過観察ができないため、病状により診断が変わる場合があります。
●診察後は症状の有無にかかわらず、昼間の「かかりつけ医」や「専門の医療機関」を必ず受診してください。


《富士市救急医療センターの患者数は》
年間3万人を超える方が富士市救急医療センターを受診しています。昨年度のゴールデンウィークは、1日当たり190人を超え、年末年始では、1日当たり400人を超える患者数でした。

平成29年度 31,607人
平成28年度 31,958人
平成27年度 31,682人
平成26年度 34,467人
平成25年度 34,549人


《富士市救急医療センターを受診するときは》
★診療科目 内科・小児科・外科
★診療時間 月〜金曜日      19時〜翌朝8時
      土曜日        14時〜翌朝8時
      日曜・祝祭日・年末年始 9時〜翌朝8時
★持参するもの
健康保険証、医療受給者証、診察料などが必要です。忘れずにお持ちください。
保険証の提示がない場合は自費診療になります。
★診察料について
時間外、深夜、休日診療の料金が加算されますので、ふだんの医療機関にかかるより割高になリます。
★診察の順番について
緊急度に応じて診察の順番が変わることがありますので、ご協力ください。
★診察の情報について
診察に必要な情報をお知らせください。次の様な情報が重要です。
・平熱と現在の熱
・いつから具合が悪くなったのか
・服用している薬の内容がわかるもの(お薬手帳など)
・薬によるアレルギーの有無
・お子様の体重など
★診察の時間帯について
早めの時間帯の受診をお勧めします。
特に小児科医の診察をご希望の方は23時までに受診されることをお勧めします。

問い合わせ 保健医療課 55−2739

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ