富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
かかりつけ医・歯科医・薬局について[健康づくり・医療]
担当課: 保健医療課公開日時:2019/07/02
かかりつけ医・歯科医・薬局について教えてください。
かかりつけ医・歯科医・薬局についてお答えします。
かかりつけ医・歯科医・薬局は、日常的に診療や薬の処方を行うだけでなく、健康に関する悩みや不安をいつでも気軽に相談できる存在です。一人一人が、かかりつけ医などを持つことで、より適切な医療の提供が可能となり、安心して受診できる地域医療づくりにつながります。

●かかりつけ医・歯科医を持つことで・・・
【患者さんのメリット】
・体質や病歴、現在服薬中の薬を理解された上で治療を受けられる。
・風邪など比較的軽度の体調不良の際、大きな病院よりも診察に行きやすく、早めの完治が期待できる。
・受診後に専門的な治療や精密検査が必要になった場合、適切な医療機関を紹介してもらえる(かかりつけ医の紹介状があると、受診料が安くなったり、診察までの待ち時間が短縮されたりする場合があります)。
・定期的な歯科健診により、歯や口の健康が保たれ、健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間)の延伸が期待できる。

【医師・歯科医師のメリット】
・患者の体質を理解しているので、患者に合った適切な薬の処方や治療につなげられる。
・別の医療機関が、かかりつけ医から患者を紹介されるときに、患者の詳細な情報を受け取ることができる。
・定期的な歯科健診により、虫歯・歯周病などの予防から早期発見・治療まで幅広く対応できる。

●かかりつけ薬局も持ちましょう・・・
・かかりつけ薬局では、通常は問診票の記入の必要がなく、待ち時間が短縮される。
・飲み合わせ・副作用といった服薬に関する相談も気軽にでき、お薬手帳を所持することで、重複投薬(複数医療機関から同効能の薬が処方され服用すること)を避けられ、医薬品の適性使用や医療費抑制にもつながる。

●かかりつけ医・歯科医・薬局を選ぶときは・・・
富士市医師会・富士市歯科医師会・富士市薬剤師会のウェブサイトでは、市内診療所・薬局を地区別に検索できます。(医師会は診療科目別の検索も可能)。
まだ、かかりつけ医・歯科医・薬局を持っていない方は次のことに留意して選びましょう。

・自宅や勤務・通学先の近く、もしくは通勤・通学路上にあって通院しやすい。
・身近で利用している人に、様子を聞いてみる。

・体質・薬の飲み合わせなどを気軽に相談でき、話をよく聞いてくれる。
・病状や治療法、投薬内容についての説明が分かりやすい。
・入院や検査が必要な場合は、適切な医療機関を紹介してくれる。

●実際にかかりつけ医を持つ人の声・・・
・「子どもの具合が急に悪くなったときは、家からも幼稚園からも近いかかりつけ医で受診しています。病院の予約方法や処方せん薬局の場所も知っているので、心配せずに受診できます。」
・「健康診断の結果をかかりつけ医に相談したところ、生活習慣に関するアドバイスがあり、食事・運動面での改善に努めました。私自身の生活環境を知っている医師なので、ちょっとした体の不調も相談することができ、気負うことなく受診できます。」



参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ