富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
富士市公共交通利用促進条例について[都市計画・土地利用]
担当課: 都市計画課公開日時:2019/07/03
「富士市公共交通利用促進条例」とはどのようなものですか。
富士市公共交通利用促進条例について
「富士市公共交通利用促進条例」は、令和元年7月1日に施行された条例です。
この条例では、市、市民、事業者及び公共交通事業者が連携して公共交通の利用を促進していくこととしています。

条例策定の背景
「交通政策基本法」が成立し、公共交通事業は、公共交通事業者だけが主体となって行うもの、という従来の捉え方から転換した、国、地方自治体、公共交通事業者、国民の役割、協働が規定されました。
この「交通政策基本法」の考え方を、富士市民の方に、より分かりやすく、より身近に感じてもらえるように作成されたものが、「富士市公共交通利用促進条例」です。

基本理念
次の事項を基本理念として、公共交通の利用促進に取り組みます。
○市民の積極的な利用
・市民の皆さんの利用があってこその公共交通です。
○利便性の向上
・皆さんに快適に利用していただくため、便利な公共交通を目指します。
○都市機能の集約及び連携の基軸
・コンパクトシティを目指す富士市には公共交通が欠かせません。
○市、市民、事業者及び公共交通事業者相互の理解と連携
・みんなが一緒になって、公共交通を盛り立てていきましょう。

この条例は、公共交通の利用促進に対しての取り組みの姿勢、あり方を示したものであります。
具体的な公共交通施策に関しては、富士市地域公共交通総合連携計画や、富士市地域公共交通網形成計画に沿って実施されます。

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ