富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
令和元年10月より始まる年金生活者支援給付金制度について教えてください[国民健康保険・国民年金]
担当課: 国保年金課公開日時:2019/07/18
令和元年10月より始まる年金生活者支援給付金について教えてください
令和元年10月より始まる年金生活者支援給付金制度が始まります
 年金生活者支援給付金は、消費税率引き上げ分を活用し、公的年金等の収入や所得額が一定基準以下の年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。
 消費税率が10%に引き上げとなる令和元年10月1日から施行され、初回の支払い(10月・11月分)は令和元年12月となります。
 年金生活者支援給付金を受け取るためには、支給要件を満たしているうえで認定請求という手続をしていただく必要があります。

【支給要件】
<老齢年金生活者支援給付金(高齢者への給付金)>
・65歳以上で、老齢基礎年金を受給している
・同じ世帯にいる全員の住民税が非課税となっている
・前年の年金収入額とその他の所得額の合計が879,300円以下である

<障害年金生活者支援給付金・遺族年金生活者支援給付金(障害者や遺族への給付金)>
・障害基礎年金または遺族基礎年金を受給している
・前年の所得額が4,621,000円以下である※
※扶養親族の人数により所得額の基準が変わります

【手続について】
・平成31年4月1日時点で基礎年金を受給している人
9月頃に日本年金機構から手続のご案内をお送りします。届きましたら、同封されている請求書を提出してください。
・平成31年4月2日以降に基礎年金の受給を始める人
年金の裁定請求手続を行う際に、あわせて給付金の認定請求手続を行ってください。

【給付金に関する問い合わせ】
ねんきんダイヤル:0570−05−1165
※基礎年金番号がわかるものをご用意ください


参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ