富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
通学を理由に転出する人でもこども医療費助成制度を利用できる場合があります[福祉(児童・保育・幼稚園・障害者・母子等・生活保護)]
担当課: こども家庭課公開日時:2021/01/26
通学を理由に転出する人でもこども医療費助成制度を利用できる場合
通学を理由に転出する人でもこども医療費助成制度を利用できる場合があります
こども医療費助成制度は富士市に住民登録がある18歳到達後最初の3月31日までの子どもが対象です。
通学のために転出する人は、富士市に住民登録がなくても富士市のこども医療費助成制度を引き続き利用できる場合があります。
次の条件に該当する人はこども家庭課で手続きをしてください。

条件
1, 通学のために富士市に住民登録のある親元を離れる人
2, 転出先の市町村に同様の制度がない人

持ち物
生徒手帳や在学証明書など学校に在籍していることが分かるもの


参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ