富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
セルロースファイバーを使用したカルトンの寄贈[観光・商工業・農業・林業・漁業・労政]
担当課: 産業政策課公開日時:2021/11/02
セルロースファイバーを使用したカルトンの寄贈について教えてください。
セルロースファイバーを使用したカルトンの寄贈
エフピー化成工業株式会社様は、樹脂メーカーであり、脱プラを目指しこれまでに紙を混ぜた複合樹脂などの開発に取り組んできました。
この度、株式会社巴川製紙所(本社:東京都中央区)と共同で「グリーンチップCMF」を開発しました。「グリーンチップCMF」は、セルロースファイバーの1種である、「セルロースマイクロファイバー(CMF)」が高配合されており、環境負荷が低い合成樹脂となっています。
このグリーンチップCMFを材料にしたカルトンを作成し、市販を開始しました。
カルトンをはじめとする、従来のプラスチック製品の代替品として、この「グリーンチップCMF」を使用した商品が市場に普及することで、プラスチックの使用量が減り、SDGsへの貢献にもつながります。また植物由来の材料を使用することは、ゼロカーボンにも寄与いたします。
市内の金融機関でも徐々にグリーンチップCMF製のカルトンが使われ始めており、ぜひ市でも利用してほしいとの思いから、各まちづくりセンターに贈呈していただけることとなりました。

寄附拝受式
日時 令和3年11月11日(木) 午後4時00分から午後5時まで
場所 市庁舎8階政策会議室
応対者 市長、産業経済部長、市民部長

戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ