富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
月の途中で就職して厚生年金に加入しました。国民年金保険料はどこまで納めればいいですか?[国民健康保険・国民年金]
担当課: 国保年金課公開日時:2013/03/03
月の途中で就職して厚生年金に加入しました。国民年金保険料はどこまで納めればいいですか?
国民年金保険料は厚生年金に加入した月の前月分までを納めてください
 国民年金保険料の納め方は、月末時点で加入している年金制度により変わります。
 月の途中で厚生年金に加入して月末を迎えた場合、その月の国民年金保険料は、厚生年金からお支払いいただくことになります。納付書で保険料を納めている人は、厚生年金に加入した月の前月分までを納付書で納めて、残りの納付書は捨ててください。
 また、口座振替で保険料を納めている人は、金融機関の窓口で口座振替を停止する手続をしてください。


例1:
4月20日に厚生年金に加入した
 →3月分までは納付書を使って納付、4月分からは厚生年金から支払われる

例2:
退職して4月10日から国民年金に加入したが、4月15日に就職して厚生年金に加入した(同月内で国民年金第1号被保険者の資格取得と喪失をしている)
 →月末時点で厚生年金に加入しているので、4月分からは厚生年金から支払われる


 厚生年金に加入した後、誤って国民年金保険料を納付した場合は、日本年金機構から保険料還付の通知が届きます。速やかに還付の手続をしてください。


■お問い合わせ
日本年金機構 富士年金事務所
電話番号:0545-61-1900

富士市役所 国保年金課 国民年金担当
電話番号:0545-55-2755

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ