富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
障害年金(1・2級)を受給している人の国民年金保険料の免除について[国民健康保険・国民年金]
担当課: 国保年金課公開日時:2014/02/04
現在障害年金(1・2級)を受給していますが、国民年金保険料の納付が免除される手続はありますか?
障害年金(1・2級)を受給している人は国民年金保険料の納付が免除されます
■法定免除について
 障害年金(1・2級)を受給している人は、届出をすると国民年金保険料の納付が免除されます(法定免除)。年金証書または年金手帳を持って、日本年金機構富士年金事務所または国保年金課で手続をしてください。
※過去に障害年金(1・2級)を受給していた人で、次に該当する人も法定免除に該当します。
・障害年金(1・2級)から障害年金3級に変更になった人
・障害年金の対象とならなくなってから3年以内の人


■納付申出について
 平成26年4月1日以降、法定免除に該当する期間であっても、本人の申し出により、国民年金保険料を納付できるようになりました。納付することで、老齢基礎年金の受給額を増やすことができます。
 ただし、次の点にご注意ください。

・国民年金保険料を納めることで障害年金の支給額が増えることはありません。
・納付申出をした期間について、未納のまま納付期限を過ぎてしまうと保険料未納期間となります。
・納付申出をした過去の期間は、原則として、さかのぼって法定免除に戻すことはできません。なお、時効前であれば申請免除を受けることはできます。
・納付申出によって納付された国民年金保険料は、返還されません。
・納付申出をやめる場合は、手続が必要です。


■お問い合わせ
日本年金機構 富士年金事務所
電話番号:0545-61-1900

富士市役所 国保年金課 国民年金担当
電話番号:0545-55-2755

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ