富士市

【公開QA情報画面】

質問タイトルへ移動回答タイトルへ移動
「富士市空家等の適正管理に関する条例」の施行について[都市計画・土地利用]
担当課: 住宅政策課公開日時:2021/04/02
「富士市空家等の適正管理に関する条例」の内容について教えてください。

※広報ふじ令和3年5月5日号に掲載しています。
「富士市空家等の適正管理に関する条例」の施行について
令和3年7月1日から「富士市空家等の適正管理に関する条例」が施行されます

近年ますます増加する空家等の適正管理に関する取組を一層進めていくために、令和3年3月25日に「富士市空家等の適正管理に関する条例」を制定し、令和3年7月1日から施行されます。

■条例制定の目的(第1条)
平成27年5月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法」に定めるもののほか、各主体の責務・役割と、空家等の適正な管理、特定空家等※の発生の予防に関し必要な事項を定めることにより、生活環境の保全を図り、安全で安心なまちづくりを推進すること。

※特定空家等…そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態、その他周辺の生活環境保全のために放置することが不適切である状態と認められる空家等(法第2条第1項)

■各主体の責務・役割(第3条〜第6条)

・市
空家等の適正な管理の促進に係る施策の策定・実施、所有者等に対する支援などを行います。

・所有者等(所有者又は管理者)
周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう、所有または管理する空家等を適正に管理しなければなりません。
また、空家等の有効活用に努めてください。

・市民等(市内に居住・通勤・通学する人、市内の事業者、町内会(区)、まちづくり協議会、市民活動団体など)
適正に管理されていない空家等を発見したときは、市への情報提供をお願いします。

・事業者(不動産業、建設業など)
空家等の発生予防、適正管理についての所有者等への助言、空家等やその跡地の活用促進への協力をお願いします。

■管理不全空家等※に対する助言・指導(第9条)【市独自】
法の規定に基づく特定空家等に対する助言・指導に加えて、管理不全空家等に対して条例に基づき助言・指導を行います。

※管理不全空家等…特定空家等には至らないものの、適正に管理されておらず、周囲に安全面、衛生面、景観面などで悪影響を及ぼしている空家等(条例第2条第3項)

■緊急安全措置(第10条)【市独自】
特定空家等・管理不全空家等の倒壊等により、人の生命、身体叉は財産に危害が及ぶことを避けるため、緊急の必要がある場合に限り、市が必要最小限度の措置(緊急安全措置)を講ずることができます。
具体的には、
・危険を知らせる看板・バリケードの設置
・倒れそうな樹木のロープによる補強
・落下・飛散しそうな屋根材、外壁材等への防護ネットの設置
・落下・飛散しそうな屋根材、外壁材等の部分撤去
・立木の切除
などを想定しています。
なお、緊急安全措置に要した費用は、所有者等に請求します。

空家等の管理は所有者の責任です。適正な管理や利活用により、管理不全空家等の発生を防ぎ、安全・安心なまちを築いていきましょう。

【問い合わせ先】
富士市都市整備部住宅政策課 (直通)0545-55-2814

※広報ふじ令和3年5月5日号に掲載しています。

参考URL:
関連文書:
戻る戻るこのページの先頭へこのページの先頭へ
くらしと市政富士市ウェブサイト「くらしと市政」のページへ